イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英会話「失せろ」とは?英語【hapaya】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「hapaya」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

シュレック住んでる沼に勢ぞろいしたおとぎ話の生き物たち。
「とっとと失せろ!」と追い払おうとするも、行き場を失った生き物たちは動かない。
そこでピノキオが口を開くというシーン。

セリフから学ぼう

シュレック『All right, get out of here. All of you, move it! 』
訳/よし。ここから出て行け。お前ら全員だ、ほら早く動け!

シュレック『Come on! Let's go! Hapaya! Hapaya! Hey! 』
訳/さっさと行け!さぁ、行くんだ!行った!行った!

小人『Quickly. Come on! 』
訳/急げ、早く。来るんだ!

※小人たちがシュレックの家の中に入ろうとする。

シュレック『No, no! No, no. Not there. Not there. 』
訳/やめろ、ダメだ。やめろ、やめろ。中はダメだ。

ドンキー『Hey, don't look at me. I didn't invite them.』
訳/おい、俺を睨むなよ。俺が呼んだわけじゃないさ。

ピノキオ『Oh, gosh, no one invited us. 』
訳/僕たちは、ここに招待されたわけじゃないよ。

シュレック『What? 』
訳/何?

解説&あとがき

シュレックのセリフ『Hapaya! Hapaya! 』をご紹介します。

この『hapaya』調べてもよく分からず、辞書に載っていません。
「さっさと失せろ」と促す言葉のようで「さぁ、さぁ、さぁ」とか「行け、行け」というような使い方をするそうです。

このシーンで思うこと...ピノキオにしてもそうですが、誰もシュレックを怖がっていないのが気になります。笑

DVD購入はコチラ