イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英会話「それじゃあ」とは?英語【All right then】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「All right then」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

ファークアードからの拷問に耐えるジンジャーブレッドマン。

全く口を割らないジンジャーブレッドマンにしびれを切らしたファークアードは、もっと追い込んでいく。

セリフから学ぼう

ファークアード『Now, tell me! Where are the others? 』
訳/さぁ、吐け!他の奴らは、どこにいる?

ジンジャーブレッドマン『Eat me! 』
訳/食らえ!(唾を吐きかける)

ファークアード『I've tried to be fair to you creatures. 』
訳/私は、創造物のお前と対等にいこうと耐えてきた。

ファークアード『Now my patience has reached its end! Tell me or I'll --』
訳/だが、その辛抱もここで終わりだ。吐け、さもないと...

ジンジャーブレッドマンのボタンをちぎろうとするファークアード。

ジンジャーブレッドマン『No, no, not the buttons. Not my gumdrop buttons. 』
訳/やめて、ボタンじゃないんだ。僕のボタンはガムドロップじゃないんだ。
※ガムドロップ=砂糖をまぶしたゼリー状のドロップ(グミに近い)

ファークアードAll right then. Who's hiding them? 』
訳/そじゃあ、誰が彼らを隠しているんだ?

解説&あとがき

ファークアードのセリフ『All right then』をご紹介します。

then 自体は「その時」「あの時」という意味なのですが、ときに「それじゃあ」「それなら」というような間投詞の使い方もできます。
また、会話を締めるときに「では」「またね」というニュアンスでも使えます。

ぜひ、覚えておきましょう。

DVD購入はコチラ