イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

英会話「取引をしよう」とは?英語【I'll make you a deal】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「取引をしよう」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

いきなりフィオナ姫を救出の旅に出ろ!と言われたシュレック。
まず、シュレックはファークアードに会いに来た理由を伝えなければなりません。
今、自身の住処の沼がどういう状況か伝えるというシーン。

セリフから学ぼう

シュレック『Quest? I'm already on a quest, a quest to get my swamp back. 』
訳/旅だと?既に旅には出てる。俺の沼を取り返す旅や。

ファークアード『Your swamp? 』
訳/お前の沼?

シュレック『Yeah, my swamp! 』
訳/あぁ、そうや。俺の沼や!

シュレック『Where you dumped those fairy tale creatures! 』
訳/おとぎ話の生き物たちをお前が捨てた場所や!

ファークアード『Indeed. All right, ogre, I'll make you a deal.
訳/いかにも。いいだろう、怪物。取引をしようじゃないか。

解説&あとがき

ファークアードのセリフ『I'll make you a deal』をご紹介します。
そのまま「取引をしよう」というセリフでもいいのですが「では、こうしよう」という訳になっても構いません。
いわゆる「取り決めをする」「契約する」ということですね。

ファークアードがいつでも、どのシーンでもいけ好かない。笑

DVD購入はコチラ