イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

英会話「お払い箱」とは?英語【kick to the curb】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「kick to the curb」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

またまた、独り言ばかりのドンキー。

階段を探している途中でドラゴンと遭遇したドンキーはダッシュ!
そこにシュレックが助けに入ります。

セリフから学ぼう

ドンキー『I'm gonna take drastic steps. 』
訳/思い切った一歩を踏み出すぞ。

ドンキーKick to the curb. Don't mess with me. I'm the stair master. 』
訳/お払い箱にしてやる。ごちゃごちゃさせるな。俺は、階段マスターだ。

ドンキー『I've mastered the stairs. I wish I had a step right here. I'd step all over it. 』
訳/俺は、階段マスターなんだ。ここで正解の階段を見つけるんだ。くまなく探すぞ。

シュレック『Well, at least we know where the princess is, but where's the-- 』
訳/ふむ...少なくとも王女がどこにいるかは分かってるが、どこから行けば...

ドンキーがドラゴンと遭遇!

ドンキー『Dragon! 』
訳/ドラゴーーーーーーーーン!

シュレック『Donkey, look out! 』
訳/ドンキーーーー、あぶな~~い!

ドンキー、ドラゴンに追い込まれてしまう。

シュレック『Got ya! 』
訳/捕まえた!

ドラゴンの尾を持ち上げるシュレック。そして、投げ飛ばされてしまう。

解説&あとがき

ドンキーのセリフ『kick to the curb』を解説します。
直訳は「縁石に蹴る」「脇道に蹴る」となります。
端っこに追いやるということから「お払い箱」「見捨てる」という訳になるそうです。

さらっとドラゴンのしっぽを捕まえるも、体の大きさが違い過ぎて可愛いシーンです。

DVD購入はコチラ