イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

英会話「激怒させる」とは?英語【get burned】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「激怒させる」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

フィオナを助ける際に城にいたドラゴンに求愛されていたドンキー。
ドンキーは、好みじゃない女性を傷つけずに諦めさせる方法を二人の問うというシーン。

フィオナが答えているところ、邪魔をするシュレック。

セリフから学ぼう

ドンキー『Okay, so here's another question. Say there's a woman that digs you, right, but you don't really like her that way. 』
訳/さて、ここで質問!あなたを好む女性がいるとします、その女性にあなたは興味がありません。

ドンキー『How do you let her down real easy so her feelings aren't hurt, but you don't get burned to a crisp and eaten? 』
訳/彼女を傷つけることなく諦めさせたいけど、激怒させればカリカリと食われちゃう...どうすればいいと思う?

フィオナ『You just tell her she's not your true love. 』
訳/あなたが彼女に君は真実の愛ではないと言えばいいのよ。

フィオナ『Everyone knowest what happens when you find your--』
訳/誰もが(運命の人を)見つけたら、何が起きるか分かるのよ...あなたも...

シュレックがフィオナを揺らす...笑

フィオナ『Hey! 』
訳/ちょっと!!

解説&あとがき

ドンキーのセリフを解説します。

『burned』は、実際は「火傷した」「燃えた」という意味ですが、アメリカのスラングで「激怒した」という意味でもあります。

『you don't get burned to a crisp and eaten? 』
ドンキーは、カリカリにされて食べられないようにするには、怒らせてはいけないと言っています。

なので【get burned】は「激怒させる」「怒らせる」と訳すとちょうどいいかと思います。

このシーンは、フィオナの回答を邪魔するシュレックがめちゃ面白いのでみどころ!笑

DVD購入はコチラ