イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

英会話「言い換えるなら」とは?英語【Let me put it this way】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「Let me put it this way」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

シュレックに担がれて運ばれているフィオナ。
早くファークアード卿がいる城について欲しいとぼやく。

そんなフィオナ...。
ファークアード卿がどんな人物か気になる様子。
どういう人かシュレックに質問するというシーン。

セリフから学ぼう

フィオナ『The sooner we get to DuLoc the better. 』
訳/早くファークアード卿の城に着いて欲しいわ。

ドンキー『You're gonna love it there, Princess. It's beautiful! 』
訳/姫は、そこが気に入ると思うよ。めちゃ綺麗だもん。

フィオナ『And what of my groom- to-be? Lord Farquaad? What' he like? 』
訳/そして、私の新郎になるのは?ファークアード卿?彼は、何が好きかしら?

シュレックLet me put it this way, Princess. 』
訳/お姫様、どう言ったらいいかな。

シュレックが、フィオナを振り落とす...。笑

解説&あとがき

シュレックのセリフ【Let me put it this way】をご紹介します。

直訳すると「この方向にそれを置いてみよう」となりますが、it「それを」this「これに」put「置いて」となり『別の言い方をすると』や『言い方を換えると』『どう言えばいいか分からないが、あえて言うなら』みたいな使い方をします。

このシーンでは『どう言ったらいいかな』と訳しました。

上手く説明できないときや、本来言いたいことをズバッと言うのではなく、違う言い方で伝えたいときなどに用いるフレーズ。

DVD購入はコチラ