イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

英会話「行儀が悪い」とは?英語【it's no way to behave】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「行儀が悪い」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

3人は、DuLocを目指し森の中を進む。
その道中、大きなゲップをしたシュレック。
下品だと注意をするも、隣でフィオナも同じようにゲップをするというシーン。

セリフから学ぼう

森の中を歩く3人...途中でシュレックのゲップ音が...。

ドンキー『Shrek! 』
訳/シュレック!

シュレック『What? It's a compliment. Better out than in, I always say. 』
訳/何や?これは、賛辞や。いつもいってるやろ、溜めこむより出せって。

ドンキー『Well, it's no way to behave in front of a princess. 』
訳/う~...お姫様の前で行儀が悪いと思うけど。

ここで、フィオナもゲップを出す。

フィオナ『Thanks. 』
訳/どうも。

ドンキー『She's as nasty as you are. 』
訳/彼女とあんた(シュレック)はどっちもどっち。
※直訳は「同じくらい汚い/扱いにくい」もしくは皮肉った感じの「同じくらいイカすね」という感じ。
吹替では「いい勝負だな」となってます。

解説&あとがき

ドンキーのセリフ【it's no way to behave】をご紹介します。
直訳すると「その振舞い方ありえないよ!」となりますが「行儀が悪い」と訳すほうが自然かと思います。

フィオナ姫は、普通のお姫様とはちょっとばかし違うので...
ここから、いろんな姿のフィオナ姫が顔を出していきます。

DVD購入はコチラ