イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

英会話「裏切り行為」とは?英語【stab in the back】意味/訳を学ぶ!

皆様、こんにちは。
映画の様々な場面から使える英会話フレーズを学びます。

今回は「裏切り行為」という英会話を覚えましょう。

映画【シュレック】より

f:id:yukik8er:20200109165436j:plain

画像出典:cinematoday

シーンの解説

心を閉ざしてしまっているシュレック。

そんなシュレックに、ドンキーがフィオナと同じだ。
フィオナは、シュレックのことを愛していると思うと伝えるというシーン。

セリフから学ぼう

シュレック『I forgive you... for stabbin' me in the back!
訳/俺は、許すぞ...俺を裏切ったことをな!

ドンキー『Ohh! You're so wrapped up in layers, onion boy, you're afraid of your own feelings. 』
訳/おぉぉぉぉ!層で包まれてしまってるぅぅ~、玉ねぎ少年よ~、もっと素直に感情を出せよ。

シュレック『Go away! 』
訳/出て行け!

ドンキー『There you are, doing it again just like you did to Fiona. 』
訳/フィオナと同じように、そういうことやっちゃうんだ。
※ドンキーの事を突き放す行為

ドンキー『All she ever do was like you, maybe even love you. 』
訳/彼女もあんたと同じようなことをしたんだ...多分、彼女はあんたのことを愛してる。

シュレック『Love me? 』
訳/愛してるって?

解説&あとがき

シュレックのセリフ【for stabbin' me in the back! 】について解説いたします。

『stab in the back』は、直訳すると「背中を突き刺す」となります。
後ろを向いているときに差すなんて卑怯ですよね、いわゆる「卑怯な行動=裏切り行為」となります。

フィオナとのこと応援してくれていると思いきや、いないところで悪口を言っていたと誤解しているシュレック。
ドンキーのことも好きだから、なおさら辛くて悲しかったのでしょう。

さて、このあとどうなるのでしょうか...。

DVD購入はコチラ