イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英会話「当てはまらない」とは?英語【are none of those things】解説

皆様、こんにちは。
映画のセリフから英会話を身に付けましょう。

様々な場面から使えるフレーズを学びます。
今回は、「当てはまらない」という英会話を覚えましょう。

映画【キューティ・ブロンド】より

f:id:yukik8er:20190107214039j:plain
画像出典:legally blonde

シーンの解説

エルは、法律家になることを決め、両親に報告しに行く。
パパとママは、エルのロースクール進学を反対するというシーン。

セリフから学ぼう

f:id:yukik8er:20190204191139j:plain
引用元:映画『キューティ・ブロンド』1シーンより

パパ『Law school? 』
訳/ロースクールに?
※「法科大学院」のこと。

エル『It's perfectly respectable place, daddy. 』
訳/完璧で立派なところだと思うの、パパ。

f:id:yukik8er:20190204191209j:plain
引用元:映画『キューティ・ブロンド』1シーンより

ママ『Honey, you were first runner up at the Miss Hawaiian Tropics contest. 』
訳/エル、あなたは初めて出たハワイアンコンテストで優勝したのよ。

エル『Going to Harvard is the only way I'll get the love of my life back. 』
訳/ハーバードに行くことが、愛の生活を取り戻す唯一の方法なの。

パパ『Sweetheart, you don't need law school. 』
訳/エル、ロースクールに行くことまでないだろ。

パパ『Law school is for people who are boring and ugly and serious. 』
訳/ロースクールに行ってる奴らなんて、退屈で見苦しくて真面目な奴らばかりだ。

パパ『And you, Button, are none of those things.
訳/そして、君はどれにも当てはまらないよ。

f:id:yukik8er:20190204191242j:plain
引用元:映画『キューティ・ブロンド』1シーンより

解説&あとがき

エルのパパのセリフ『And you, Button, are none of those things. 』を解説します。

  • And you→エル
  • Button→エルが持っている魅力(特徴)
  • are none of those things→何一つとして一致しない


上記の訳は、直訳ではなく私の解釈です。
『Button』は、もしかしたら『boring and ugly and serious』を指しているかもしれませんが、とりあえずエルとはかけ離れていると言いたいのだと思います。

しかし、このシーン。
エルはプールに入った状態で進学の話をするという、なんとも斬新な演出です!笑

DVD購入はコチラ