イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英語の「be動詞」とは?【am・are・is】まとめ

スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今回は「be動詞」を学びましょう。

be動詞って習ったけど、文章で一体どんな役割をしているのか・・・わかりやすく解説していきます。

f:id:yukik8er:20180903105209p:plain

そもそも『be動詞』ってなに?

簡単に言えば、動詞!
文章を作る際に、存在しているという表現で用いる。
と、いうと・・・よく分かりませんね・・・。

もっと簡単に言えば【=】イコールということです。

【例】
・I am John.(私は、ジョンです)
・I am fine.(私は、大丈夫です)

この【am】が、be動詞です。
上記の文章だとイコールしているのがよく分かります。

【You are happy.】なら【are】が、be動詞。
あなたは、幸せの中にいます(存在している)という表現です。
you=happy 「あなたは、幸せ」「幸せなのは、あなた」ということです。

be動詞一覧

原形 現在形 過去形 過去分詞形
be am was
were
been
are
is
1人称・2人称・3人称
  1人称 2人称 3人称
現在形 I am you are he is
she is
it is
過去形 I was you were he was
she was
it was
複数形の人称
複数形(~たち) 1人称 2人称 3人称
現在形 we are you are they are
過去形 we were you were they were
注目!

2人称は、複数形の2人称も同じbe動詞!
複数形のbe動詞は(1人称・2人称・3人称)統一されている!

be動詞を短縮しよう!

原形

1人称 I am
短縮形
I'm
2人称 you are you're
3人称 he is
she is
it is
he's
she's
it's

複数形

1人称 we are
短縮形
we're
2人称 you are you're
3人称 they are they're

be動詞を否定形にしよう!

「私は~ではない」と否定形にしたいときは【not】を用います。

・I am John.(私はジョンです)
  ↓
・I am not John.(私はジョンではないです)

※【am not】以外は、短縮できる

否定形be動詞の短縮形

are not
短縮形
aren’t
is not isn’t
was not wasn’t
were not weren’t
注目②

なぜ「am not」は、短縮できないの?
それは、分かりません(*ノωノ)
ですが、短縮するとなれば【I'm not】を使用します。

では、「am not」以外の否定形を作る場合、[主語の短縮][be動詞の短縮]どちらを用いるのが普通なの?

文章的にどちらを使っても意味は、同じです。

【例】 彼は、二十歳ではありません
  1. He isn't twenty years old.
  2. He's not twenty years old.

基本的に使われるのは、1の[be動詞+not]です。
ですが、not を強調したい場合のみ2の[主語短縮+not]を使用します。
イメージ的に「彼は20歳じゃない!!」と伝えたいとき。


では、be動詞のおさらいでした!

スポンサーリンク