イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英語で「~は好きではない」と伝えたい【Don't like~】

スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今回は「~は好きではない」を学びましょう。

話し相手に「~は好きですか?」という質問をされ、好きじゃなかったとき・・・どう答えればいいかご紹介します。

f:id:yukik8er:20180903105323p:plain

否定文の作り方

否定形の副詞「not」を活用します。

【do not】
発音/dúːnɑ́t
読み/ドゥーナット

【don't】※短縮形
発音/dóunt
読み/ドゥント

「私は~が好きです」は「I like ~.」ですよね。
否定の【don't】を付けます。

1人称+ don't + like +名詞

例えば「私は、日本が好きではない」や「私は、フルーツが好きではない」という文章で使用します。
訳するときに「嫌いです」と訳しても問題ありません。

【do not】でも【don't】でも。どちらを使っても良いのですが、【don't】の方がより使われます。

活用例文

・I do not like Japan.(私は、日本が好きではない)
読み/アイ ドゥナット ライク ジャパン

・I don't like fruit.(私は、果物が嫌いです)
読み/アイ ドゥントライク フルートゥ

疑問文「~好きではないですか?」

聞き手に対し質問したいときは、下記のような形となります。

Don't +2人称+ like +名詞

名詞に、質問したい(もの・こと)を入れる。
「日本は、好きではないですか?」「フルーツは好きではないですか?」 など

活用例文②

・Do not you like Japan?(日本は、好きではないですか?)
読み/ドゥナット ユー ライク ジャパン?

・Don't you like fruits?(果物は好きではないですか?)
読み/ドゥンゥ ユーライク フルートゥ

動詞の否定は「ing」が必要?

「Like」の記事でも記載してますが、下記のような文章は注意が必要です。

■私は、勉強が好きではありません。
「勉強」は、動詞となります。

分かりやすい単語でいうと「掃除」の英語は【cleaning】ですよね。
「clean/清潔」+「ing/すること」=掃除
そうなんです。動詞を名詞にするために「ing」をつける必要があります。

活用例文③

・I don't like studying.(私は、勉強が好きではない)
読み/アイ ドゥントライク スタディイング

・Don't you like cleaning?(掃除は好きではありませんか?)
読み/ドゥンゥ ユーライク クリーニング?


では、このへんで。
皆様も簡単な例文を作ってみてください。

スポンサーリンク