イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英語で「失礼します」を言ってみよう。いつも【Excuse me】は使わない?

スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今回は、英語で「失礼します」「すみません」を学びましょう。

パターンに応じて例文を作成しましたので、ご確認ください。

f:id:yukik8er:20180903102654p:plain

基本文

【Excuse me】
発音/ikskjúːs míː
読み/イクスキューズ ミー

日本語にあたる「失礼します」となります。
基本「すみません」と訳されます。

活用例文

・Excuse me, may I come in?(失礼します。入ってもよろしいですか?)
読み/イクスキューズミー メイ アイ カm イン?

・Excuse me, Can I ask something?(失礼します。お伺いしても良いですか?)
読み/イクスキューズミー キャn アイ アスク サムシング?

・Excuse me for a second.(ちょっと失礼します)
読み/イクスキューズミー フォーア セカンドゥ

人にぶつかったときは・・・

日本で、人にぶつかったとき「失礼しました」や「すみません」と言いますよね。
英語では、すみませんにあたる【Excuse me】は使用しません。

いわゆる謝罪の言葉を使いますので、人にぶつかったときなどは【sorry】を使ってください。

退室するときは・・・

またまた日本では、退室する際に「失礼しました」と言うと思いますが、この場合も【Excuse me】は使用しません。

「お時間をいただきありがとうございます」というようにお礼の言葉を使います。
【Thank you for your time.】でも良いですし、丁寧に伝えたい場合は「Thank you」のあとに【very much】をつけましょう。

スポンサーリンク