イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英会話「良い印象」とは?英語【good impression】解説

皆様、こんにちは。
映画のセリフから英会話を身に付けましょう。

様々な場面から使えるフレーズを学びます。
今回は【good impression】「良い印象」という英会話を覚えましょう。

映画【イン・ハー・シューズ】より

f:id:yukik8er:20190703101907j:plain
画像出典:hikaritv

シーンの解説

映画の冒頭、主人公のマギーの登場シーン。

高校の同窓会に出席いたマギーは酔っ払い、名前もよく知らない男性と2人きりで密室にいた。
ベロベロのマギーは頭の中で自分の現在の状況を語る。

セリフから学ぼう

f:id:yukik8er:20190815102449j:plain

引用元:映画『イン・ハー・シューズ』1シーンより

『Your 10-year high school reunion. 』
訳/高校出て10年目の同窓会。

『Everybody wants to make a good impression. 』
訳/誰もが良い印象を与えたいわよね。

『And I was making mine on Ted? Tad? Whatever. 』
訳/私も良い印象を与えたみたい...テッド?タッド?なんでもいいか。

『I know, not exactly "Most Likely to Succeed" but it's not like I had a law degree to brag about or a Rittenhouse Square apartment or a fancy job. 』
訳/分かってるわ『最も成功する可能性が高い』とは限らないけど、自慢できる法律の学位やリッテンハウス スクエアのアパート、それとか人気の仕事とか、私は持っていない。
※Rittenhouse Square=フィラデルフィアの観光名所(高級な印象の地域)

『Or a job, period. 』
訳/つまりは、無職。

解説&あとがき

【good impression】は、そのままの訳ですね。
"impression" の意味は「印象」や「影響」です。

「よい印象を作る」で『make a good impression』となります。

第一印象は『first impression』ですね。

このシーンは、マギーのダメダメな人間という印象を観客の頭に植え付けるために、作られているシーンです。
名前もきちんと知らない男性といちゃつくマギー。とほほ。

DVD購入はコチラ