イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英語【I got it】【You got it】活用方法!

皆様、こんにちは。
今日は、英語の【I got it】と【You got it】の使い方をマスターしましょう。

日本語訳も何パターンかありますので、ぜひ一読くださいませ。

f:id:yukik8er:20181107153935j:plain

まえがき

洋画を見てるとよく耳にする「アイガーレッ」「ユーガーレッ」。
・・・って聞こえる私には。笑

相槌に近い、相手への返答で使用されますよね。
「分かりました」とか「了解!」みたいな・・・。

どういうパターンのときに「I got it」?、「You got it」?
例文と供に解説します。

I got it

【I got it】
発音/ái gɑ́dit
読み/アイ ガァディt

使い方

話し手の言った内容に理解したときの「分かりました」。
類義語は『I understand』となります。
【I got it】の方がカジュアルで親しみ感があり、口語で主に使われます。

また、率先して自ら何かをやるとき「私がします」
他に物を手に入れたときなど「私が買った」「私がもらった」など。

様々な日本語訳

A:1時間後に会議よ
B:I got it.(分かりました)

A:その服、〇〇ショップのもの?
B:I got it.(買ったのよ)

自宅で電話が鳴っている
I got it.(私が出るわ)

You got it

【You got it】
発音/júː gɑ́dit
読み/ユー ガァディt

使い方

話し手の頼み事・依頼された内容に対しての「分かりました」。
いわゆる「承諾しました」ということです。

また、語尾を上げて「You got it?⤴」と言えば「分かりましたか?」と聞くことができます。

様々な日本語訳

A:電気つけてくれる?
B:You got it.(分かりました)

A:帰りにニンジン買って来て。
B:You got it.(了解だよ)

A:You got it?(分かりましたか?)
B:分かりませんでした。もう一度お願いします。

あとがき

どちらも「分かりました」の代わりに「了解しました」と訳しても問題ありません。

同じ日本語訳になっても「I got it. 」と「You got it. 」は、使い方が異なります。

活用するときは、相手の言っている内容をきちんと理解して返答に用いてください。
また、洋画などで出てくるセリフとかでも、前のセリフを思い出したりするとより理解が深まりそうですね。

それでは、このへんで。