イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英会話「~したい」とは?【I want to】の使い方を教えて!使えるフレーズ

スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今回は「~したい」という文章の作り方を学びましょう。

簡単な例文も掲載しています。

f:id:yukik8er:20180907141219p:plain

「I want to」を使用する!

【I want】だけだと、「~が欲しい」という文章になります。
例えば「キャンディーが欲しい」なら【I want some candy.】となります。

「~したい」という文章は「I want to」です。
ただ、この表現は、自分の意志が強く表現されるため、人にお願いをするときやお店で店員さんへ使うには、少々印象が悪いです。

お店・ビジネスシーンでは【I’d like to】を使用しましょう。
【I’d like to】は「~したいのですが」というニュアンスになります。

活用方法

主語 + want to + 動詞の原形

・I want to go~(私は、~へ行きたい)
・I want to eat~(私は、~が食べたい)
・I want to have~(私は、~をしたい)

依頼をするとき

「Do you want to~?」で「~してくれない?」と依頼できますが、友達や親しい間柄で使用してください。

スラング?【wanna】

よく、音楽を聴いていると英語歌詞で『wanna』を耳にしませんか?
映画でも聞きますよね。

「want to」もしくは「want a」の省略形です。
あとにくる単語が動詞なら「want to」の省略。
名詞なら「want a」の省略ということです。

・I wanna coke.(コーラが欲しい)
・I wanna see you.(あなたに会いたい)

上記のような文章を作ることができます。
ただ、スラングなので、文章で書く場合は「want to」「want a」ときちんと書いたほうがよいです。
SNSや友達への手紙なら【wanna】を使用しても特に問題はありません。

活用例文

・I want to go home.(家に帰りたい)
読み/アイ ウォント トゥ ゴー ホーム

・I want to eat muffin.(私は、マフィンが食べたいです)
読み/アイ ウォント トゥ イートゥ マフィン

・I want to go to school.(私は、学校に行きたいです)
読み/アイ ウォント トゥ ゴー トゥ スクール

スポンサーリンク