イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英語の「~するのが好き」動名詞とto不定詞の違いとは?【Like ~ing】【Like to~】

スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今回は「~することが好き」という文章を作る際に用いる【Like ~ing】【Like to~】の違いを学びましょう。

ほぼ同じ意味で使用されますが、ニュアンスが違うので解説します。

f:id:yukik8er:20180903105247p:plain

動名詞【~ing】

動詞に「ing」をつけ名詞の性質を加えたものを言います。
例えば「勉強」は、日本語では名詞ですよね?
ですが、英語だと【study】で動詞となります。

勉強する=study というわけです。

この場合、「勉強が好きです」だと【I like study 】では、動詞+動詞になるため文法がおかしいのです。

こういう場合、動詞を名詞化させます。
【ing】をつけ「~すること」で名詞的扱いになります。

 I like studying.(私は、勉強することが好きです)

to 不定詞

to 不定詞を用いて「~することが好き」でと表現したい場合は、下記のようになります。

【I like to ~.】
~することが好きです。

この場合、to の後に持ってくる単語は動詞を原形のまま持ってきます。

I like to study.(私は、勉強することが好きです)

動名詞と 同じ日本語訳となります。

動名詞と to 不定詞のニュアンスの違いとは?

動名詞は「ing」を付けることで「~する」「~している」という主観的な表現となります。
以前から経験していること・経験したことを表します。

to 不定詞は、少し客観的な要素を持ち、未来的志向で、「~すること」「~する様」といったような大きな範囲を表しています。

例えば「野球が好きです」であれば
【I like playing baseball.】は、「野球をすることが好き」そのものですが、【I like to play baseball.】は、「野球はするのも、するのを見てるのも好き」みたいなニュアンスにとれます。

あとがき

結果、どっちを使っても「Like」の「~が好き」は、ほぼ同じ意味で使用可能ということです。

ただ「Like ~ing」の方が、よりしっかり相手に伝わると思います。
「Like to~」は、少しやんわりというか、ぼやけた印象を受けます。

ですので、動詞を使用した「私は~が好きです」と言いたいときは、「ing」を付けるか、「to」を付けて文章を作ってくださいね!

スポンサーリンク