イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英会話「僕を殴る」とは?英語【pound me】解説

皆様、こんにちは。
映画のセリフから英会話を身に付けましょう。

様々な場面から使えるフレーズを学びます。
今回は【pound me】「僕を殴る」という英会話を覚えましょう。

映画『ホーム・アローン』より

f:id:yukik8er:20190713112229j:plain


画像出典:riverforestlibrary

シーンの解説

ケビンは、家で1人有意義に過ごしていた。
兄 バズの部屋を物色し、エロ本を見つけたり、爆竹を見つける。

その後、前日フランクおじさんに見させてもらえなかった大人の映画を観賞するケビンというシーン。

セリフから学ぼう

f:id:yukik8er:20190718150507j:plain

引用元:映画『ホーム・アローン』1シーンより

『No clothes on anybody. Sickening! 』
訳/誰も服を着ていないじゃないか!吐き気がする!
※バズのエロ本を見て。

『Cool! Firecrackers! I'll save these for later. 』
訳/かっこいい!爆竹じゃん!後で遊ぶために取っておこう。

『Buzz, I'm going through all your private stuff. 』
訳/バズ!プライベートな物を探ってるよ~。

『You better come out and pound me!
訳/出てきて、殴るなら今しかないよ~。

『Buzz, Your girlfriend! Woof! 』
訳/バズの彼女!うぇ!
※バスの彼女らしき写真を見つける。

f:id:yukik8er:20190718145404j:plain
引用元:映画『ホーム・アローン』1シーンより

その後、フランクおじさんが見させてくれなかった映画を勝手に見るケビン。

J:Who is it? (誰だ?)
S:It's me, Snakes. I got the stuff.
(俺だ、スネーク。ブツを持ってきた)

J:Leave it on the doorstep and get the hell out. 
(玄関前に置いて、とっとと失せやがれ)
S:All right, Johnny, but what about my money? 
(分かったよ、ジョニー。ただ、俺の金はどうなる?)

J:What money? (なんの金だ?)
S:A.C. said you had some dough for me. 
(A.C.から、お前が俺にいくらかの金を用意してると聞いてる)

J:Is that a fact? How much do I owe you? 
(それは、事実か?俺は、お前にいくら払うことになってるんだ?)
S:A.C. said 10 percent. (A.C.は10%だと言ってたよ)

J:Too bad A.C. ain't in charge no more.
(それは残念だ、A.C.には、もう何も任せられん)
S:What do you mean?(どういう意味だ?)

f:id:yukik8er:20190718145347j:plain
引用元:映画『ホーム・アローン』1シーンより

『Guys, I'm eating junk and watching rubbish! You better come out and stop me! 』
訳/みんな!僕はジャンクフードと子供に悪影響の映画を観てるよ!出てきて止めるなら今だよ!
※直訳は「ゴミ映画観てるよ」となります。

J:He’s upstairs taking a bath. He’ll call you when he gets out.
(彼は、今2階で風呂に入ってる。出たらお前に電話させるさ)
J:Hey. I'll tell you what I'll give you. 
(今から、おまえに時間をやると教えてやる)
J:I'm gonna give you to the count of 10 to get your ugly, yellow no-good keister off property before I pump your guts full lead.
(10秒やろう。お前の心臓をこの銃で撃ちぬく前に、その醜い汚ねぇ黄色いケツを引っ提げて俺の前から消え失せろ。)

S:All right, Johnny, I'm sorry. I'm going. 
(分かったよ、ジョニー。悪かった。行くよ。)
J:One, two... 10.
(1、2、10!)

スネークは、ジョニーに銃で撃たれて殺されてしまう。

J:Keep the change, you filthy animal.
(釣りは取っとけ。ブタ野郎!)

『Mom! 』
訳/ママー!

解説&あとがき

ケビンのセリフ【pound me】を解説いたします。

『pound』は、重量の単位・イギリスのお金の単位・激しく鼓動するという意味でも用いられますが...このシーンでは「叩く」「殴る」という意味で活用されます。

バズがいないのをいいことに、悪さをするケビン。
小さな子供が爆竹をこっそり持って行く...う~ん、悪ガキです!笑

DVD購入はコチラ