イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英語の【shall】の使い方を教えて!活用方法まとめ

スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今回は「shall」を学びましょう。

この「shall」は、疑問形で使われることが多いと思います。
日本映画で『Shall we dance?』という映画がありますよね?
いわゆる「踊りましょうか?」と提案するときに使用できます。

f:id:yukik8er:20180903103857p:plain

【shall】解説

【shall】
発音/ʃəl
読み/シャル

「予言」「決意」「命令」「提案」など、幅広く使える助動詞です。
「~するつもり」「~するだろう」「~しましょうか?」という訳の文章で用います。

活用方法

主語+shall+動詞
予言や決意では「私は~する(つもり・だろう)」というニュアンスで使用。
疑問形では、提案で使用し主に「Shall+主語~?」の形で使用する。

否定形は【should not=shouldn't】で「~しないほうがいい」
過去形は【should】で「~すべきだ」となります。

【should】
発音/ʃúd
読み/シュッドゥ

活用例文

・Shall I open the window?(窓を開けましょうか?)
読み/シャル アイ オゥプン ザ ウィンドゥ

・Shall we go cycling?(サイクリングに行きましょうか?)
読み/シャル ウィ ゴウ サイクリング?

・I shall return here.(私は、ここに戻ってくるだろう)
読み/アイ シャル リターン ヒア

・What should I do?(何をすべきですか?)
読み/hワット シュッドゥ アイ ドゥ?
※すべきことが分からず困っている様子


【shall】は、あまり活用はせず、「~しましょう」という文章では、よく使われるのは「Let's」、もしくは「Would you like~?」です。
無理に【shall】を持ちなくても文章は作れます。

スポンサーリンク