イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英語の数えられる名詞と数えられない名詞の見分け方!【可算名詞】【不可算名詞】

スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今回は「数えられる名詞」と「数えられない名詞」を学びましょう。

英語は、複数形として単語後に【s】を付けたり、単数の場合は単語前に【a】を付けたりしますよね!
その際、付けられる単語と付けられない単語が存在します。
名詞の見分けるコツをご紹介します。

f:id:yukik8er:20180903104858p:plain

数えられる名詞の特徴【可算名詞】

「可算名詞」とは、1個2個と数を数えられる名詞のことです。
形として分かるもの、いわゆる輪郭がはっきりと分かる名詞のことです。

可算名詞一覧(例)

ペン pen
book
cat
car
椅子 chair
りんご apple

これらの単語は、単数形でも複数形でも表せます。

数えられない名詞の特徴【不可算名詞】

「不可算名詞」とは、1個2個と数が数えられない名詞のことです。
形として表せないもの、輪郭がはっきりとしない、もしくは目に見えないようなものなど。
気体、液体などは代表的な名詞となります。

不可算名詞一覧 (例)

気体・液体
空気 air
ガス gas
rain
water
コーヒー coffee
総称
食べ物 food
果物 fruit
家具 furniture
衣類 clothing
お金 money
現金 cash

お金は、コインやお札は1枚2枚と数えられますが、「お金」「現金」という名詞は数として表せません。

素材・食材(食品)
木材 wood
ウール wool
お米 rice
はちみつ honey
salt
チーズ cheese
パン bread

ポイント!
上記の素材・食材は、数で数えられそうですが、1個2個と数えるのではなく、g(グラム)だったり、ボトルに入った塩なら2ボトルというように数えるため、「不可算名詞」とされています。

また、パンは日本人の概念からすると、あんぱん1個・クリームパン2個みたいに単数・複数で表現できると考えがちですが、英語では食パンをイメージしており、1斤を何枚でカットするかは不明ですよね。なので、「不可算名詞」とされています。

感情・概念
怒り anger
美しさ beauty
love
時間 time
電気 electricity
その他
ニュース news
天気 weather
作業 work
宿題 homework
助言 advice

可算名詞でもあり不可算名詞でもある単語

数えられるが「可算名詞」「不可算名詞」で、意味が異なる名詞のことです。
例えば、【魚】ですが、単数形『a fish』は、生きている魚1匹のこと。『fish』だと魚肉を表します。

可算名詞&不可算名詞一覧(例)
ニワトリ a chicken 鶏肉 chicken
ホールケーキ a cake ケーキ cake
ピザ1枚 a pizza ピザ pizza
人参1本 a carrot 人参 carrot
りんご1個 an apple りんご apple

ニワトリも魚同様、「可算名詞」だと生きているニワトリの数を数えることになります。
また、ケーキ(1ホール)ピザ(丸々1枚)を表し、カットしている1人分なら「不可算名詞」で表します。

ここで注意すべきは、人参やりんごの食材です。
カットしたものを表す場合と、そうでない場合で表現が異なります。


一覧に関しましては、一部例となります。
ご活用ください。

スポンサーリンク