イチカラエイゴ

1から英語を勉強したい!身につく英会話を学ぶ。

イチカラエイゴ

1から英語を学びたい!

英会話「よくやった」とは?英語【well done】解説

皆様、こんにちは。
映画のセリフから英会話を身に付けましょう。

様々な場面から使えるフレーズを学びます。
今回は、「よくやった」という英会話を覚えましょう。

映画【キューティ・ブロンド】より

f:id:yukik8er:20190107214039j:plain
画像出典:legally blonde

シーンの解説

キャラハン教授に「弁護するなら自然犯か法廷犯か?」という質問に、エルは「無実の人」を選ぶと...みんなの失笑を買ったあとのシーンです。
※自然犯とは、どの社会においても悪と言われる犯罪(放火・殺人など)

キャラハン教授は、同じ質問をヴィヴィアン・ケンジントンに問う。
ヴィヴィアンの完璧な答えを褒める教授...というシーン。

セリフから学ぼう

f:id:yukik8er:20190204202531j:plain
引用元:映画『キューティ・ブロンド』1シーンより

キャラハン『Ms. Kensington, which would you prefer? 』
訳/ケンジントン、君ならどっちを選ぶかい?

ヴィヴィアン『Malum prohibitum. 』
訳/法廷犯を選びます。

ヴィヴィアン『Because then the client would have committed a regulatory infraction as opposed to a dangerous crime. 』
訳/なぜなら、そのクライアントは凶悪な犯罪ではなく、規則違反を犯しただけだからです。

キャラハン『Well done, Ms. Kensington. 』
訳/良い答えだ!ケンジントン。

キャラハン『You've obviously done your homework. 』
訳/君は、きちんと宿題をしてきているようだね。

ここで、エルが挙手をする。

キャラハン『Yes, Ms. Woods? 』
訳/なんだね?ウッズ。

エル『I changed my mind. I'd pick the dangerous one 'cause I'm not afraid of a challenge. 』
訳/考えを変えました。私は、凶悪犯を選びます。私は、挑戦を恐れません。

解説&あとがき

キャラハン教授のセリフ【well done】は、2つの意味があります。
1つ目は、今回のシーンのように褒めるときに用います。
「よくやった」「上出来だ」みたいな意味となります。

もう1つは、お肉の焼き方です。
ウェルダン=中までしっかりと火を通すことを指します。

2つの意味があっても状況でわかると思うので、訳すのは特に難しくないですね。

DVD購入はコチラ